乾燥による目元のシワ対策のための保湿ケア

目元のシワの主原因のひとつは「乾燥」。

 

目元は皮膚が薄いためどうしても他の部分より乾燥しやすいので、
徹底した保湿を心がける必要があります。

 

まずは今使っている化粧水をチェックしましょう!

保湿をするうえで大切なことは
「いかに肌へ保湿成分が浸透していくか」これが大きなポイントです。

 

その為にはどんな保湿成分が配合されているのかが重要となってきます。
まずは「避けるべき保湿成分」の代表となるのが、

 

プロピレングリコールです。

 

プロピレングリコールとは?

プロピレングリコールは人工的な保湿成分で、
わずかではありますが毒性や発がん性も指摘されています。

 

他にもいろいろすぐれた保湿成分がある中、
なぜそんなものが保湿成分として使われているかというと、
単に「安いから」ですね。

 

つまり、この成分を化粧水用品に使っているメーカーは「安く作るのだけがモットー」という企業姿勢だと考えられます。そうしたメーカーの商品は、避けるのが無難ですね。

 

高い保湿成分が入った化粧水を選ぼう!

 

目元のシワを防ぐためにしっかりと保湿をするには、まず何といっても

「高い保湿効果が期待できる成分が入った保湿化粧水を選ぶ」
ということが大切。

 

 

水分だけを肌に与えても、すぐに蒸発して乾燥してしまいますからね。
「与えた水分を、どれだけ肌に保水させ、うるおいと弾力を持たせるか」
が重要になってくるんですよ。

 

では、どんな保湿成分がもっとも好ましいのかというと・・・
ズバリ「セラミド」です。

 

 

セラミドは、もとから肌にある成分のひとつ。
角質細胞の間にあって、細胞間にある水分を逃がさないように
しっかりはさみこんでくれる、という性質を持っています。

 

しかし、加齢とともにセラミドの量は減少していってしまうんですよね。
だからこそ年齢を重ねた肌には、不足したセラミドを補う必要があるというわけです。

 

セラミドの濃度を調べるには?

ちなみにセラミドの濃度を知る目安としては、商品パッケージなどにある成分表示を見るのがおすすめです。成分表示は「配合量が多い順」で記載されていますので、セラミドが前のほうに表示されていれば、それだけ配合量が多い、ということになります。

 

ヒアルロン酸は必要ない?

さて、保湿成分といえば「有名なヒアルロン酸はどうなの?」
と思われるでしょうが、ヒアルロン酸は「セラミドの次に有効性が高いと考えられる保湿成分」です。ヒアルロン酸そのものに保水力があるので、ヒアルロン酸をうまく肌に浸透させあられれば、そこでの保水が期待できるということですね。

 

ヒアルロン酸を使って肌そのものをしっかりと保湿させるためには、
こちらもやはり「浸透性」が重要となってきますよ。

 

小林製薬のヒフミド化粧水がおすすめ

ですから化粧水はまず
「セラミドが配合されているかどうか」を最初の基準として選ぶのがおすすめです。
さらに「セラミドが浸透しやすい処方になっているかどうか」「高濃度かどうか」
といった点もチェックしたいところ。

 

おすすめは

【小林製薬】ヒフミドトライアルセットです。

 

セラミドの約3倍の保水力のある「ヒト型セラミド」が配合されており、数ある化粧水のなかでもトップクラスの保湿化粧水ですね。

 

さらには同じセラミドを配合した
クレンジング・洗顔料などもついてきますので、

 

スキンケア用品を
まとめて切り替えたいという方にはおススメですよ。

目元の保湿は「重ねづけ」がポイント!

さて、保湿性の高い化粧水用品を見つけることができたら、

その保湿効果を最大限に生かすケアをしていきましょう。

 

 

目元は皮膚が薄いので、一度に大量の化粧水用品をつけてもなじんでくれません。
むしろ、周りに流れていくばかりでしょう。

 

 

ですから目元の保湿は「保湿化粧水用品の重ねづけ」をするのがおすすめです。

 

 

 

まず最初は、顔全体とともに、
「目を閉じて、その上から化粧水用品をつけた手でゆっくりと押さえるようになじませる」というやり方がおすすめ。最初に手を温めておくと、よりなじみが良くなります。

 

そしてきちんとなじんだら、今度は指の腹で目元に重ねづけをしていきましょう。
化粧水・美容液ともに、2・3回の重ねづけをするのがおすすめです。

 

安全性の高い化粧水用品を選ぼう

言うまでもないことですが、目元の化粧水をしっかりやろうとすれば、
当然「化粧水用品が目の中にも多少入ってしまう」というリスクも出てきます。

 

 

だからこそ化粧水用品は、安全性の高いものを選びましょう。
メーカーがどこまで安全性にこだわりを見せているかというのを、
ホームページなどからしっかりチェックしておくことも大切です。

 

 

少なくとも「目元への使用は避けて下さい」などと書かれているものを選ぶのはNGですよ。

 

STEP@に戻る